糖尿病の方のための食事|正しく食べよう!

和食

生活習慣病から身を守る

男の人

糖尿病を予防あるいは治療するためには、食事を見直すことが最重要課題です。基本となるのはバランスの取れた食生活です。食べ方としては、野菜を先に食べるベジファーストの実践が効果的です。食事を改善し、生活習慣病を予防しましょう。

詳細へ

夕食に糖質制限する魅力

夫婦

糖尿病の人が、最も効率的に血糖値を下げる食事療法に糖質制限があります。ただ、無理なく、ストレスなく糖質制限をするなら、夕食だけ炭水化物を抜くことをオススメしたいです。ただ、朝食や昼食時の炭水化物の食べ過ぎには注意が必要です。

詳細へ

症状が出る前に対策をとる

ご飯

食事の際に、カロリーを考えずに過剰摂取を繰り返すと糖尿病になってしまう可能性があります。そのため、しっかり野菜などを摂るようにして栄養バランスを意識しましょう。加えて、食事内容だけではなく、食べ方にも注意することが大切です。

詳細へ

食生活の乱れが原因の病気

老人

初期症状が出にくい病気

年齢を重ねると糖尿病を発症する確率が高くなります。糖尿病になるかならないかは普段の食生活が非常に影響してきます。コレステロールの多い食事をしていると発症の確率が高くなります。日本の昔ながらの和食を多く食べている人は発症の確率が低くなります。糖尿病になったら早めに治療を開始することが大事ですが、初期症状がわかりにくいという特徴があります。特に注意したいのは喉の渇きと尿の回数です。暑くもないのにひどく喉が渇いたり、尿の回数が多くなった時は病院で検査をする必要があります。糖尿病というのは完治が難しいので、食事療法や運動療法によって病気が進行しないような治療が行われます。病気の発症や治療においても、食事の在り方がとても重要なのです。

病食は宅配弁当を利用する

糖尿病にかかった場合は医師の処方する薬を飲む治療が行われます。そして1日のカロリーを計算して、それに合った食事をすることになります。一人暮らしの人は自分で気をつけて料理をする必要があります。家族がいる場合は主婦が糖尿病用の食事を作ることになります。食事は1日3食きちんと摂ることが大事です。そのため家庭で食事療法をするとなると、3食分の支度をする必要があります。一人暮らしでそれを守るのは大変ですし、主婦にとっても負担が多くなります。そのような時に利用したいのが糖尿病用の宅配弁当です。宅配弁当といっても管理栄養士が管理しているので安心して食べることができます。自宅まで届けてくれるので、1日1食分だけでも宅配弁当にすると負担を減らすことができます。